注文住宅は理想のマイホームを作る自由度の高さがある

SITEMAP

独創的な家

注文住宅についての基本知識

白い家

注文住宅とは、建築主が間取りや使用する資材設備を自由に決定し施工会社と契約を行い建築する新築の住宅の事です。
注文住宅の魅力はなんといってもその自由度の高さで、法律と予算の範囲内であれば間取りや設備、内装外装に至るまでその隅々を建築主が自由に決定することが出来ます。デザイン性、ライフスタイル、用途にあった家などを重視したい人には魅力的な選択肢であると言えます。注文住宅と建売住宅との違いは、注文住宅と対照的であり、建売住宅は土地があらかじめ決められている事や間取りや見た目が既に決められている物から選択するという点です。また、最大の違いは建築にかかる費用です。建売住宅では土地・設計工事費・資材費など様々な点で量産の為のコストダウンや設計・施工にかかる工費の効率化が行われており、この点において注文住宅とは大きな差が出来ています。
注文住宅を建てるにあたって気をつける点は、先ほど建売住宅との違いで挙げた「かかる費用が大きい」という事と、設計の段階から建築主が色々な決定をする為のある程度の「知識が必要」になる事です。
完成した際のイメージが自分の想像したものと違う、という事が無いように建築主も時間と手間をかけてじっくり取り組む必要があります。

INFORMATION

UPDATE LIST

2016/07/04
注文住宅についての基本知識を更新しました。
2016/07/04
注文住宅で考えておく点とは?を更新しました。
2016/07/04
注文住宅で拘るべきところについてを更新しました。
2016/07/04
自由度の高い注文住宅の利点とは?を更新しました。
TOP