注文住宅は理想のマイホームを作る自由度の高さがある

SITEMAP

独創的な家

隣の工務店に依頼し、細かな配慮に感謝

黒い瓦の屋根の家

在住25年の新潟市の生家である実家は、至る所に補修箇所が発生しました。10年経過で外壁にヒビが入り、塗り直しをしてもらいました。
15年でトイレを和式から洋式に替える工事を行いました。そして、20年が経ちまして、5人で住んでいた家族も3人になり、生活スタイルが変化してきました。それぞ れが会社員として働いて、収入も安定していてので、25年経った昨年に建て替えを計画しました。
そして、住み始めた当初から隣に住んでいたのは、偶然にも工務店を経営するご夫婦で、相談したところ快く引き受けてくれました。
今までは小さな庭に、一階がリビングとバストイレと、寛ぎ空間を拠点にするものが集中していましたが、最近は年寄りでも太陽の光を浴びれるし冬は暖房なしでも暖かい二階もしくは三階にリビングを置くというスタイルが人気だと聞き、我が家も二階に全てを設置しました。二階までの階段が、年老いて行く母には大変かと思いますが、逆にこの階段を上るというトレーニングだと思い、なだらかで階段数の多い手すりを両方に付ける形にしました。一階は洋室と駐車場で、三階には和室に天窓を取り付け明るい部屋にしてもらいました。打ち合わせは隣なので、他にも細かな相談に乗って頂き、こちらの注文通りの家が建てられました。

満足の自由度!注文住宅のメリットとは

注文住宅の一番の魅力は、自分にとって理想の住宅を作ることができる自由度の高さにあります。「吹き抜けの広々とした空間にしたい」、「バリアフリーをしっかりとしたい」など、住み手の要望やこだわりを取りいれられるのが魅力です。
注文住宅の一連の流れとしては、工務店などの業者との綿密な打ち合わせからはじまります。外観や内装、場合によっては建築資材に至るまで、住み手のこだわりと予算をつきあわせて、満足のいく住宅作りがはじめられます。
同じ一戸建て住宅を購入する方法として、分譲住宅(建売住宅)という選択肢もあります。これは、完成または、ほぼ完成しているため、入居までの時間がかからないというメリットがあります。ただ、スタンダードな住宅設計になりやすく、オリジナル面に欠けるデメリットがあります。注文住宅の場合は、最初の購入計画から作り上げることになりますので、入居までに時間がかかる、こだわりの自由度が高いことで予算をオーバーすることがあるなどがデメリットです。
いくつかのデメリットはありますが、それを上回る大きなメリットとして「将来にわたって理想の住宅に住める」、「家族が多くなった時には、増改築も可能」などが挙げられます。

注文住宅の土地探しと入居までかかる期間

注文住宅は土地を購入してから家を建てていくのでゼロからのスタートとなります。
そのため自分で外観や間取りなどを決める事が出来るので自由度が高いというのが大きな特徴です。注文住宅は建売住宅に比べて手間がかかるので自分の生活に合わせていろいろこだわっていきたいという人に向いています。注文住宅は家を建てる前に親族から土地を譲りうけた場合以外では自分で土地を探さなければいけません。そのため最初は不動産会社と協力して土地を探すという事から始めます。土地を探す時は不動産会社と協力出来るというのはありますが、いろいろな法規制や土地の形状などで問題になる事もあるので土地の勉強はしておく必要があります。そのため注文住宅で家を建てると決める少し前から土地の勉強はしておいた方がいいでしょう。
注文住宅は入居出来るまでの期間が建売住宅よりかかってしまいます。建売住宅は既に完成している場合やある程度完成しているので3ヶ月ぐらいで入居出来ます。しかし注文住宅は土地探しから始まって家を設計した後に工事が始まるという形なので家が完成して入居出来るまで長い時で1年ぐらいかかってしまいます。
そのため注文住宅で家を建てる場合は長い目で段取りしていかなければいけません。

注文住宅を手について留意しておきたいこと

注文住宅はデザインや機能性、設備など家にまつわるすべてを建て主の要望を叶える形で造られていきます。理想の住まいを実現できる憧れの注文住宅ですが、何もかもが一からの家づくりとなるため、建て主としても労力が必要になります。
まず、土地探し。ここが最初にして大きな関門と言えるでしょう。地域や立地環境など気に入る土地を見つけることが多くの人にとって苦労する点なのです。そしてこれは覚悟の上かもしれませんが、コストが非常にかかります。同じ新築を手に入れるのであっても、建売住宅に比べると驚くほど差があります。
また、建て主の要望を建築家と工務店とで細かく確認しながら施工していく必要があるので、往々にして工期が長期に及びます。注文住宅の建築において建て主がこだわる大きなポイントがデザイン面だと思いますが、完成後にトラブルの元になることもあるようです。デザインに凝りすぎたあまり、機能に難点が生じる、つまり、住みにくい家になってしまう可能性もあるのです。
不便な程度なら、このデザインを希望したのは自分だからと受け入れられるかもしれません。しかし、デザインの関係で雨漏りがしたり、危険な構造になってしまったなどの問題が発覚する事例もあるようです。このデザインで住まいとしての機能性に無理は生じないか建築家と工務店に確認し、妥協すべきところは妥協するのも大事です。

INFORMATION

UPDATE LIST

2016/07/04
注文住宅についての基本知識を更新しました。
2016/07/04
注文住宅で考えておく点とは?を更新しました。
2016/07/04
注文住宅で拘るべきところについてを更新しました。
2016/07/04
自由度の高い注文住宅の利点とは?を更新しました。
TOP